薬剤師の苦悩

薬剤師の苦悩

いろいろなフィールドで活躍できる薬剤師というお仕事には、それぞれの現場でやりがいを見出すことができます。
しかし、もちろんどんな仕事にも苦悩はつきもの。
現場の薬剤師はこんなことに悩んでいるようです。
調剤薬局や病院で働く薬剤師は、医師からの処方箋に基づいて薬を調合します。
「言われたとおりに調剤するだけの毎日に行き詰まりを感じる」という気持ちになるのは当然のこと。
しかし、患者さんに直接薬を手渡すのは薬剤師。
信頼できるかかりつけ薬局と思ってもらえるようになると喜びが大きいものです。
薬局を訪れる患者さんの中には、薬の効果に疑問を抱いたり、薬を飲むことを拒む人もいます。
納得いくまで説明し健康に導くことも、やりがいにつながります。